北海へそ祭り

 ラベンダーで有名な北海道富良野市の夏祭りです。富良野市が北海道の中心部、へその位置にあることから始められた祭りで、上半身裸に図腹を描いた人達が市の中心部をパレードします。倉本聰のドラマ「北の国から」でも取り上げられました。(2015年撮影)


 へそ祭りは毎年7月28日、29日に駅前通りで開催されます。


 駅や会場周辺には、祭りにちなむモニュメントや銅像があります。


 メイン会場周辺では特産市も開催されます。



 パレードに先立ち、17時ころから幼稚園児達のへそ踊り、18時からへそ神輿があります。



 19時ちょうどにパレードがスタートし、「いいじゃないかいいじゃないか」という独特の音楽に合わせ、腹に絵を描いた人たちが駅前通りを練り歩きます。パレードは28日は駅に向かっての一方通行、29日は駅前で折り返す輪踊りとなります。


 女子高生や看護学校の生徒さん達も、浴衣姿で華を添えます。


 コスプレ、、、ではなく、本物の看護師さん達によるへそ踊りです。女性が参加する場合、お腹にボールを入れて、白Tシャツに図腹を書くのが正装?のようです。


 マスコットキャラクターのへそ丸くんです。


 テーマソングは、ステージ上でオーケストラが生演奏しています。



 本日の参加者の中で、一番立派だと思うお腹です。同じことを思ったのか、テレビカメラもこの方に密着していました。


 ラクダと一緒に、妖しげな女性も登場します。


 鬼太郎様ご一行です。


 へそ踊りと友好関係にあるという、タイのお祭りの方々です。本当にタイ王国からいらしたそうです。



 富良野弥栄太鼓です。


 円安のためか、今年のへそ祭りは中国人観光客が非常に多かったです。

開催日
 毎年7月28日、29日
メモ
 曜日に関係なく開催日は固定されている。メイン行事のへそ踊りパレードは、両日とも19時から20時に開催される。会場はJR富良野駅のすぐ近くであり、終了後にJRで札幌・旭川まで移動可能である。祭り終了後の旭川行列車は大変混雑するが、滝川行はあまり混まない。
←2014 北海へそ祭り写真集
撮影日:
カテゴリ: 北海道