登別地獄まつり

 温泉地として有名な北海道登別市の祭りです。温泉内に地獄谷という観光名所があることにちなむ祭りで、年に一度、祭りの日に地獄の釜が開き、閻魔大王が鬼達を連れてやってくるとされています。(2013年撮影)


 地獄まつりは8月最終週末に開催されます。日曜日のこの日は、18時頃から鬼達を先頭に閻魔大王のからくり山車が運行されました。



 山車は極楽通りの要所要所で立ち止まり、鬼の顔と人間の顔がからくりで入れ替わる「立ち上げ」を行います。


 湯元さぎり湯の前には、温泉をかけることができる湯かけ鬼地蔵がありました。


 19時頃から鬼みこしが極楽通りを練り歩きます。


 乗っているものが鬼ですのであまり可愛らしくはありませんが、女性だけによる女御輿もありました。


 鬼踊りを前に、会場内数箇所で前触れ太鼓が行われます。


 20時半からは鬼踊り大群舞があり、鬼の面をつけた人達による踊りが会場内を埋め尽くします。


中にはお面だけでなく、鬼の仮装をして踊る人たちもいました。



21時半からは、地獄谷で花火大会がありました。

開催日
 8月最終日曜日とその前日の2日間。
(第50回記念となった2013年は金曜日を含めた3日間開催された)
メモ
 登別温泉街のメインストリート、極楽通りで開催される。
エンマ大王からくり山車、鬼みこし、鬼踊り大群舞、花火大会が祭りのメインイベントとなっており、曜日により行われるイベント、開催順序が異なる。詳しいスケジュールは登別観光協会のwebに掲載されるのでそちらで確認すること。花火大会は例年日曜日に行われており、土曜日には行われない。花火大会の会場となる地獄谷は極楽通りから徒歩7,8分離れており、混雑時には入場規制される。
 祭り期間中は温泉内に臨時駐車場が数箇所用意されるが、いずれも極楽通りからは徒歩20分以上離れており、非常に遠い。また、各ホテルの駐車場は宿泊客専用・日帰り入浴客利用不可となるため、日帰り客が利用できる会場近隣の駐車場は地獄谷有料駐車場しかない。
 期間中地獄谷駐車場は常時満車状態となるが、祭り目的以外の車の出入りがある程度あり、日曜日の16時頃でも30-40分待ちで入庫できた。
 終了時刻が遅いため、祭り終了後に公共交通機関で札幌方面に戻ることはできない。
撮影日:
カテゴリ: 北海道