沼田町夜高あんどん祭り

 北海道の中央部・沼田町で行われる祭りです。富山県砺波市からの開拓者がこの町を開拓した縁で昭和49年に始まり、今日では札幌などからも観客を呼び寄せる大きな祭りとなりました。(2015年撮影)


 夜高あんどん祭りは八月末の金・土に開催され、18時頃から市街地を6台のあんどんが練り歩きます。写真は商工会のあんどんです。


 メイン行事のぶつけ合いには、商工会・町役場・農協・自衛隊の四団体が出場します。写真は自衛隊沼田駐屯地のあんどんです。




 ぶつけ合いには参加しませんが、沼田小学校・中学校もあんどんと踊りを披露します。中学校は獅子舞もあります。


 沼田町役場のあんどんです。


 JA北いぶきのあんどんです。


 農協前に集合した各あんどんが囃子で場を盛り上げます。



 ぶつけ合いは19時半から21時半頃の間、町内三か所の会場で各二回ずつ行われます。写真はC会場・町のメインストリートでのぶつかり合いです。



 駅前会場でのぶつけ合いです。スペースが広く高台の上に駅がありますので、見やすさ、写真の撮りやすさは駅前会場が一番だと思います。

 これほど多くの観客がいるのに、これだけ駅前で行われる行事なのに、JRで来られた方はほとんどいらっしゃらないようで、最終の深川行列車に乗車されたのはわずか20名程度でした。今この場にいる観客数は、駅の一年の乗降客数より多いのではないでしょうか・・・

開催日
 8月最終曜日とその前日の金曜日
メモ
 あんどんは18時から22時頃沼田町市街地一帯を練り歩き、ぶつけ合いは19時半から21時半頃、JR石狩沼田駅前など三か所で行われる。運行エリア、ぶつけ合い会場はいずれも駅から徒歩5分以内の狭い範囲にある。市街地B会場・C会場は通路が狭いため、土曜日のぶつかり合い開催時は混雑で近づけない可能性が高い。駅前A会場はスペースに余裕がある。A会場には有料観覧席も設けられ、チケットはローソンのロッピーで販売されている。
 当日は町内各所に多数の臨時駐車場が設けられ、車はどこかには止められる。しかしながら、特に土曜日は混雑のため、沼田町到着後駐車場所の確保、車の出し入れに数十分程度要する可能性がある。
 JR最終列車は20時半過ぎであり、JR利用時は2回あるぶつけ合いのうち一度目だけ見学可能である。最終列車から深川駅で特急に乗り継ぎ、当日中に札幌・旭川まで移動することもできる。2016年以降、JR留萌線は廃線が検討されており、「駅前会場」の在り方や交通状況が大きく変わる可能性がある。
←2014 夜高あんどん祭り写真集
撮影日:
カテゴリ: 北海道