新篠津青空まつり

 北海道空知地方、米どころの新篠津村で行われる祭りです。(2014年撮影)


 新篠津村は札幌からも車で30分圏内にある村で、祭りは毎年8月の最終土曜日に行われます。村中心部の自治センターをメイン会場に、午前中から夕方までは出店やステージショー、夕方からは山車のパレードが行われます。写真はパレード出発前の餅まきです。


 18時15分頃、新しのつ青空青空音頭の踊りを先頭に、村内パレードが出発します。


 村内各地域、各団体の13台の山車がパレードします。



山車にはお囃子も乗り込み、かなり本格的です。


 新篠津高等養護学校の山車です。


金魚ねぷたです。


 角灯ろうです。


市街地の端にある大橋までの間を、30分ほどかけ往復します。


 自治センターに戻ってきた一行は構内で輪踊りをし、構内の一角に山車が並べられます。




 勢ぞろいした山車の前で、新篠津青空太鼓が披露されます。


 最後は花火大会で締めくくられます。

開催日
 8月第最終土曜日

メモ
 例年日曜日に開催されていたが、2014年から土曜日の開催となった。午前中から17時ころまでは出店やステージイベントがあり、18時から19時半にメインの山車パレードがある。会場周辺に駐車可、札幌から車で30分程度。
撮影日:
カテゴリ: 北海道