那覇まつり

 体育の日連休に行われる那覇市の秋祭りです。沖縄の大動脈、国道58号線を埋め尽くして行われる大綱挽は全長190mにもおよぶ巨大なもので、世界一大きな綱挽としてギネスブックにも登録されています。(2010年撮影)


 土曜日は、14時頃より市民演芸・民族伝統芸能パレードが国際通りで行われます。(2010年は当日朝方の豪雨のため中止)。また、まつり期間中は毎日16時頃から奥武山運動公園でオリオンビアパラダイスが開催され、地元ミュージシャンのライブがあります。


 20時より、ビアフェスタ会場では打ち上げ花火がありました。


 翌日曜日は、12時より国際通りで旗頭行列が行われます。各地区ことに作られた旗頭が旗手に担ぎ上げられ、ハーイヤ、ハーイヤの掛け声のもと国際通りを通り抜けます。


 この旗頭は長さが8m以上もある巨大なもので、先端には華やかな飾りがつけられてます。 国際通りを通り抜けた旗頭は、すぐ近くの久茂地交差点に向かい大綱挽に華を添えます。


 16時頃からは、沖縄の大動脈である国道58号線を通行止にし大綱挽が行われます。この綱挽は350年以上もの歴史があり、世界一大きな綱挽としてギネスブックにも登録されているそうです。


 旗頭が全てそろうと、東西2本に分かれていた綱が一つに結ばれ、武者達が綱の上で闘いを演じます。


 支度ガーエーが終わると、くす玉が割られ大綱挽がスタートします。


 綱の上では、綱方という人たちが笛を吹き引き手を盛りたてます。


 沖縄一番の幹線道路を埋め尽くした人々が、楽しく汗を流しました。

←2002 那覇まつり写真集