塩屋の海神祭

 沖縄本島北部・大宜見村塩屋でおこなわれる祭りです。ウンガミまたはウンジャミと読みます。旧盆後最初の亥の日、波静かな塩屋湾で船漕ぎ競争が行われ、女性達が半身水につかりながら声援を送ります。(2007年撮影)


 公民館に掲げられた海神祭の開催を告げる横断幕です。


 ハーリー競争を前に、男性達が集落内の要所要所で豊作とハーリーの成功を祈願します。


  白ずきんの上に草を巻き付けた独特のスタイルで、太鼓を打ち鳴らす女性達です。


 ハーリー船競漕を前に、陸上で女性達により輪踊りがあります。


 いよいよハーリー船競漕がはじまり、女性達は半身水につかりながら踊って声援を送ります。


 波静かな塩屋湾で競争を繰り広げるハーリー船と、声援を送る女性達です。


 競争を終え、ハーリー船から陸上に担ぎ上げられる神人です。


 神人の中でも最高位であるノロが乗った駕籠が、集落内に到着します。


 海上での行事終了後、ノロや神人達によって祈願が行われ、唄が唄われます。


 最後に子供達による奉納相撲があります。

開催日
 旧暦の盆明け最初の亥の日 13時頃から15時半頃
開催場所
 沖縄本島北部、塩屋集落
メモ
 ハーリー船競争は14時から14時半頃。西暦奇数年には翌日14時からも女性達による踊りが披露される。会場付近には駐車スペースがあり観光客にも開放されるが、日曜日開催のこの年はハーリー船競争が始まる頃には満車状態となった。塩屋地区へは那覇から車で2,3時間かかる。集落内は道が狭いので運転には注意すること。