砂川豊年祭

 宮古島・砂川集落の十五夜祭りです。砂川と書いてウルカと読みます。公民館と神社の二カ所で、獅子舞と宮古独特の踊りであるクイチャーが行われます。(2007年撮影)


 行事開始前、二匹の獅子が奉納されます。


 まずは公民館の中で、男性達によりクイチャーが踊られます。


 続いて女性達によるクイチャー、獅子舞があり、公民館の前庭でも再びクイチャーが踊られます。


 その後、数百メートルほど離れた神社に全員で移動します。


 神社にて、奉納を待つ獅子です。


 神社では公民館前と全く同じ順序で、再びクイチャーや獅子舞が奉納されます。


 踊りを盛り上げるほら貝です。


 子供達と戯れる獅子です。


 クイチャーの最中、獅子を輪の中に連れ込む獅子使いです。


 行事の最後には、これまで踊りに参加していなかった子供達などを含め、集落全員による総踊りがあります。


 行事終了後は、参加者一同で神社に祈願しました。

開催日
 旧暦8月15日 15時頃から16時半頃頃
案内
 15時より公民館で男クイチャー、獅子舞、女クイチャー、全員クイチャーの順で行事が行われ、神社に移動後再び同じ順序で行事が行われる。公民館敷地内、入口から建物に向かって右側の空き地に駐車可。平良市街から車で約20分。終了後すぐに移動すれば、狩俣十五夜祭を最初から見学可能。