チャグチャグ馬コ

 盛岡に初夏の訪れを告げる祭りです。岩手県滝沢村から盛岡市街まで15kmの道のりを、華やかな馬具で着飾った馬が練り歩きます。馬に飾られた鈴の音からこの名がついたといわれており、国の無形民族無形財にも指定されています。(2011年撮影)


 チャグチャグ馬コは滝沢村にある鬼越蒼前神社のおまつりで、神社には朝7時ころから多数の馬達がお参りに訪れます。


  朝早い時間帯の蒼前神社では、神輿の奉納や子供達による滝沢駒踊りなどがあります。



 この時間帯は参拝を終えた馬達が次々と境内につながれていくので、よい撮影タイムとなっています。



 一行は9時半頃蒼前神社を出発し、盛岡市街に向け移動します。神社の近くには岩手山をバックに馬コを撮影できるポイントがありますが、今年も天候が悪く山は姿を現しませんでした。



 盛岡市の大通では、チャグチャグ馬この手踊りや夏のまつりである盛岡さんさ踊りも行列に加わります。


 盛岡駅前に到着した馬コです。


 馬にまたがり愛想を振りまく子供です。


 長時間に渡る行列を終えた馬達は、中津川の河川敷でくつろぎます。

開催日
 6月第二土曜日
時間
 9時半蒼前神社出発、10時滝沢村役場前通過、12時50分盛岡市街大通通過、14時前盛岡八幡宮に到着し終了。
メモ
 当日は朝6時30分から8時頃にかけ、盛岡駅発蒼前神社行きの無料シャトルバスが10分間隔で運行される。片道所要30分。帰りのシャトルバスもある。蒼前神社周辺には駐車場が無いが、滝沢村役場ならびに滝沢総合公園に臨時駐車場が開設され、同様に蒼前神社まで無料シャトルバスが運行される。岩手山をバックにした撮影ポイントは7時半には満杯になり、始発のシャトルバスで行かなければ確保できないが、それ以外では場所取りの必要は無い。撮影ならびに行列の邪魔になるので、蒼前神社から滝沢村役場までのあぜ道を馬と平行して歩いてはいけない。
←2007 チャグチャグ馬コ写真集 
撮影日:
カテゴリ: 東北