船浮音祭り

 西表島で最も奥にある集落、船浮で行われる音楽祭です。船浮出身の歌手・池田卓さんにより企画された祭りで、池田さんや沖縄本島で活躍中の若手歌手らのステージが楽しめます。(2015年撮影)


 音祭り当日は、例年石垣島ドリーム観光が石垣―船浮直行便を運行しています。通常は船、バス、船と2度乗り換えなければならないこの経路を一直線で結んでくれるのですから、大変便利です。


 船浮は西表島他集落と陸路が通じていませんので、直行臨時便を利用しない、できない場合は、西表島白浜港から再度船に乗り訪問することになります。祭り開始・終了前後の時間帯は、マングローブ遊覧船まで動員してピストン運行が行われていました。



 会場では住民の方々によるバザーがあり、名物のイノシシそばも販売されています。


 八重山有数のミニ校である、船浮小中学校の子供たちもバザーに参加していました。



 12時ちょうど、竹富町のマスコットキャラクター・ピカリャーのイメージソングで祭りが始まります。


 約600人の観客が訪れ、大盛況となりました。


 沖縄本島の民謡歌手、仲宗根創さんです。


 西村綾乃さんの舞踊です。


 Ray Yamadaさんです。


 三線が当たる抽選会がありました。



 最後は池田さんが、「島の人よ」など自身の曲で盛り上げました。


 プレミアムドリーム号船内からみた船浮集落です。池田さんが見送りに来てくれました。


 一年に一度しかない船浮直行便からの眺めです。

開催日
 毎年4月第3土曜日
時間
 12時から14時30分
メモ
 音祭り当日に限り、例年石垣島ドリーム観光が石垣発船浮行の臨時直行便を運航している。石垣発10時頃、船浮発15時頃、片道1時間15分、往復5,500円。臨時便は1便のみで満席になっても増便されないため、予めドリーム観光に電話で予約すること。直行臨時便が満席の際は、各社定期便で西表島上原港に行き、上原港から無料送迎バスで白浜港(約20分)、白浜港から連絡船で船浮港(約10分)と移動する。このルートは満席の心配はない。
←2010 船浮音祭り写真集
撮影日:
カテゴリ: 八重山