平得真栄里豊年祭

 石垣島平得・真栄里地区の豊年祭です。近年、ショッピングセンターや住宅地の開発が急速に進む地域です。(2012年撮影)


 17時頃行事が始まり、旗頭が御嶽に奉納されます。


  続いて神司の舞があります。


 地区の旗頭に続き、学校や団体の旗頭が次々と奉納されます。


 中学生男子による鉦、太鼓です。


 幼稚園児によるエイサーです。


 石垣第二中学校、八重山農林高校郷土芸能部による奉納芸能です。


 子供達により御輿が奉納されます。御輿は八重山の文化には本来無いものですので、本土とは少し雰囲気が異なります、


 婦人会の踊りです。


 奉納芸能の最後には青年会の踊りがあります。



 各団体の奉納終了後、旗頭の奉納やガーリーがあります。


 ガーリーの後ツナヌミンとなり、勇壮な武者の戦いが演じられます。




 ツナヌミンに続き、大綱引きで祭りが締めくくられます。

開催日時
 新暦の7月の最終土曜日、またはその前後の土曜日に開催されることが多い。以前は日曜日に開催されていたが、2008年から土曜日に変更された。奉納芸能は17時から20時半頃。
メモ
 平得地区大阿母御嶽前で開催。会場はサンエー・イオンタウンから徒歩15分くらい、平得バス停から一本裏路地に入ったところにある。離島桟橋からはタクシーで2,3メーターの距離。会場周辺に駐車スペース無し、レンタカーでの乗り付けは止めたほうが良い。写真撮影は完全逆光になる。
←2010 平得真栄里豊年祭写真集
撮影日:
カテゴリ: 八重山