石垣島ハーリー大会

 石垣島市街地のハーリー大会です。沖縄県各地で旧暦5月4日に開催されるハーリー行事の中で八重山では最大規模のもので、海人達によるレースや職場団体による職域ハーリーなどがあります(2015年撮影)


 大会はホテルルートイン近くの新川漁港で朝8時から開催されます。


 最初に、海人達が輪になって船を漕ぐスネーがあります。



 女性や子供達による踊りの奉納、御願ハーリー、職域ハーリーの順で行事が進みます。海人達により行われる御願ハーリーと転覆ハーリー、上がりハーリーが大会メインのレースであり、三種目の合計得点で順位を競います。職域ハーリーは合計60団体も参加しているそうで、大規模です。



 転覆ハーリーでは、競漕の途中で二度船を転覆させ、起きあがる技術を競います。


 勝利を祝いモーヤーを踊ります。



 女性限定によるマドンナハーリーです。


 職域ハーリーの決勝戦です。


 大会の最後は、漁業者達による上がりハーリーで締めくくられます。各組とも真剣そのものです。


 船着き場では女性達が声援を送ります。


 他を圧倒的に引き離し、中西合同チームが8連覇を果たしました。


 午後は各組ごとに祝賀会が催されました。

開催日
 旧暦5月4日 8時頃から13時頃
場所
 石垣島新川漁港(正式名石垣漁港)で開催。八重山ではこの他にも、石垣島白保、船越、小浜島細崎、西表島白浜、与那国島久部良で行事が行われる(同日程、ほぼ同時刻)。
メモ
 朝8時スネー、8時半頃奉納舞踊、9時50分御願ハーリー、10時10分中学生ハーリー、10時20分団体ハーリー、11時10分転覆ハーリー、11時30分マドンナハーリー、12時30分上がりハーリーの順に行事が行われる。転覆ハーリーはスタート地点から30mほどの所と、折り返し点近くの2箇所で転覆する。転覆ハーリーは会場を2周、御願、上がりハーリーは会場を3周する。写真撮影には望遠レンズ必須。会場は離島桟橋から徒歩15分程度。会場内に自転車・バイクは駐車可、関係者以外の四輪車は駐車不可。
←2012 石垣島ハーリー大会写真集
撮影日:
カテゴリ: 八重山