ムシャーマ

 日本最南端、波照間島の盆行事です。豊年祭と盆行事を合体したお祭りで、豊作感謝や先祖慰霊を目的とし行われます。(2011年撮影)


 朝9時15分、行きのミチサネー(ミルク神などの仮装行列)がスタートし、東組、前組、西組の順に公民館までの行列が行われます。写真は西組のミルク様です。他の島の祭りではミルク様は1人しかいませんが、ムシャーマには3人ものミルク様が現れます。


 踊りの行列と波照間島在住の民謡歌手・後冨底周二さんです。


 南洋土人は八重山ではここでしか見られない演目で、上半身裸で腰みのをまとい、土人のような格好をした人々が奇声を発し踊ります。


 雨降らしの神様フサマラーや、草木をまとった鬼がその後に続き、30分ほどで行列全員が公民館前に到着します。


 ミチサネー終了後、公民館では各組毎に棒術があります。


 続いてニンブチャーがあり、参加者全員が輪になって踊ります。ニンブチャーとは念仏踊りのことで、最初はウサギ跳びのように中腰で飛び跳ね、最後は全員立ち上がって踊ります。


 これで午前の部が終了し、昼休みとなります。写真は公民館前に安置された獅子と旗頭です。


 2時間近くの長い昼休みの後、13時30分から公民館横ステージにて午後の部が始まります。午後の部は各組による舞台芸能が行われ、東組のかぎやで風で幕をあけた後、一番コンギという狂言、マミドーマ、鳩間節などの演目が続きます。写真の一番コンギは波照間でしか見ることが出来ない演目で、全て波照間方言で演じられるため何を言っているのかさっぱり分かりませんが、雰囲気から喜劇であることは推測できます。方言もここまで来ると外国語、まるで外国にいるかのようです。


  舞踊五月雨節です。


 15時半過ぎに舞台芸能が終了し、獅子棒・獅子舞に移ります。ますは獅子棒があり、迫力ある棒使いで獅子を誘い出します。


 獅子棒に誘い出された5匹の獅子が会場内を舞い、公民館での行事が終了します。



 この後、朝のミチサネーと全く同内容の帰りのミチサネーがあり、ミルク様を先頭に各組の参加者が会場を後にします。

開催日
 旧暦7月14日(新暦の8月中旬から9上旬月頃)
メモ
 9時15分頃から行きのミチサネー、10時頃棒術・太鼓、11時半頃ニンブチャー、昼休みの後13時半より舞台芸能、15時半頃獅子舞、16時過ぎに帰りのミチサネーがある。
 開催場所となる波照間島公民館とその周辺は、定期船の発着する波照間港から約1.5km離れているが、例年港から公民館まで送迎シャトルバスが運行されている。
 2011年現在、石垣島・波照間島間には安栄観光の定期船が日4往復しており、片道所要1時間ほどである。2011年開催日時点のダイヤでは、日帰りの場合朝の道サネー途中に島に着き、帰りの道サネー途中に会場を離れることになり、最初から最後まで見ることはできない。
 2010年まで、同航路は波照間海運の独占航路であり、ムシャーマ当日も増便は無く、満席時は島に渡ることができなかった。(八重山他島では、祭りなどの繁忙期には全員乗船できるまで船が増便されるが、波照間ではそれがなかった)。しかし、2011年のムシャーマ当日は、新たに同航路に就航した安栄観光が臨時続行便を複数運行し、希望者全員が朝のうちに島に渡ることができた。続行便はダイヤより遅い出発となるので、朝の道サネーを見られる時間がさらに短くなる。逆に、早めに石垣港に行き一便目に乗れれば、ダイヤより早く島に到着できる可能性もある。
 午後の舞台芸能は、他島とは逆に客席前方が外来者席、後方の石垣上が来賓席となっているので、石垣の上に陣取ってはいけない。
 例年、ムシャーマ当日は会場周辺に軽食の出店が出店されており、日帰りでも現地で昼食・飲物が確保可能である。レンタバイク・サイクルは営業している年としていない年がある。日本最南端碑や星空タワーは集落から相当距離があり、徒歩での訪問は困難。宿は営業自体していないか、帰省客・常連客専用となっている所が多い。宿が全島満室でも、波照間島でのキャンプは禁止されている。
←2008 ムシャーマ写真集
撮影日:
カテゴリ: 八重山