鳩間島音楽祭

 鳩間島でGWに行われる祭りです。人口50人の静かな島に何十倍もの観光客が押し寄せ、民謡や様々なジャンルの音楽を楽しみます。(2013年撮影)



 2013年の鳩間島音楽祭は、北風が強く厚い雲の下での開催となりました。


 午前11時、例年通り鳩間民俗芸能保存会の古謡で音楽祭がスタートします。


 続いて鳩間小中学校によるステージがありました。今年は例年になく生徒数が多いようです。


 FMいしがきでラジオ番組もされている外人さんのご一行、ケンヤマルセーユバンドです。


 大城孝夫ファミリーのみなさんによる芭蕉布です。



 サンバーズのみなさんです。今年はボーカルの男性がいらしていないようでいたが、代わりに華やかな衣装のダンサーの方が会場を盛り上げました。


 那覇で民謡酒場を鳩間島を経営されている吉川さんです。近年は毎年出場されています。


 加治工敦さんです。今年は司会も兼ね、祭りの中枢として活躍されていました。



 川平ガーデンズと川門正彦さんです。


 川満さやかさんです。


 ゲストライブのトリは、池田卓さんでした。



 例年通り島のおじさんバンド、鳩間島オールスターズによる「鳩間の港」で祭りが締めくくられます。




 ステージ終了後は鳩間港に場所を移し、鳩間の港の踊りで盛大な見送りが行われました。

開催日
 毎年5月3日 11時頃から16時頃まで
メモ
 当日の鳩間航路は、朝9時頃から11時(石垣発鳩間行)と祭り終了後から全員が乗り切れるまでの間(鳩間発石垣行)、多数の臨時便が運行され満席になり次第出航するピストン運行を行っている。臨時便は船の手配が付き次第の運行で、最も遅い便だと石垣到着が18時近くになる可能性もあるので、当日の飛行機に乗る予定の方は留意すること。
会場には飲食物の出店が多数出店されており、日帰りの場合でも昼食の確保には困らない。
音楽祭当日の鳩間の宿は、かなり早い段階で全館満室となる。民宿が全館満室の場合でも島でのキャンプ、野宿は禁止されている。
当日は石垣島からの特別往復乗船券(入島料込)が4,000円で発売される。特別乗船券所持者以外は会場で入島料500円を支払う。(2013年現在)
←2012 鳩間島音楽祭写真集
撮影日:
カテゴリ: 八重山